映画『水曜日が消えた』オフィシャルサイト

5月15日(水)全国ロードショー

映画『水曜日が消えた』

Introduction

次の時代を担う気鋭の映像クリエイターを選出するプロジェクト「映像作家100人 2019」に選ばれるなど、大きな注目を集めてきた吉野耕平が、自身発案のオリジナルストーリーで初長編監督作品を完成させた。
主演にその多彩な才能で近年ますます活躍の場を広げる中村倫也。4年ぶりの主演作でその唯一無二な魅力を十二分に発揮し、キャラクターが全く異なる“7人の僕”を卓越した表現力で自在に演じ分ける。そのほか石橋菜津美、元「乃木坂46」の深川麻衣やきたろう、中島歩、「ゲスの極み乙女。」の休日課長など、個性豊かなキャストが集結した。

映画『水曜日が消えた』

映画『水曜日が消えた』

Story

幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。性格も個性も異なる7人は、不便ではあるが、平穏に暮らしていた。各曜日の名前で呼び合う彼らの中でも、“火曜日”は一番地味で退屈な存在。家の掃除、荷物の受け取り、通院、、、他の曜日に何かと押し付けられて、いつも損な役回り。今日も“火曜日”はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。
それは突然やってきた。“火曜日”が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽…そう、“水曜日”が消えたのだ。
水曜日を謳歌する“火曜日”だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された“火曜日”はどうなってしまうのか―。

Cast

映画『水曜日が消えた』

中村倫也Tomoya Nakamura

火曜日

少年時代の交通事故の後遺症で、曜日ごとに入れ替わる7つの人格に分かれて生きる青年。
それぞれの人格は、それぞれが目覚める「曜日」の名で呼ばれ、その性格は大きく異なっている。

Comment

完成した画が予想できない脚本でした。また自分が7役演じることも「やっかいだなあ〜」と。笑
でもだからこそ、あまり類を観ない邦画になる期待感を抱きましたし、いくらでも大ごとにできる出来事をあくまで日常として描いていくささやかさに好感を持ちました。
ザラッとした、じんわりと温かい手触りを残せる作品になっていると思います。ご期待ください。

Profile

1986年12月24日生まれ。2005年に俳優デビュー。2014年に「ヒストリーボーイズ」にて舞台初主演。同作で第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。2018年には連続テレビ小説「半分、青い。」(18/NHK)に出演。そのほか「崖っぷちホテル!」(18/NTV)、「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(18/NTV)、「初めて恋をした日に読む話」(19/TBS)、「凪のお暇」(19/TBS)などに出演。主な映画出演作は、『SPINNING KITE』(主演・13/加瀬聡監督)、『星ガ丘ワンダーランド』(主演・16/柳沢翔監督)、『愚行録』(17/石川慶監督)、『3月のライオン 前編・後編』(17/大友啓史監督)、『孤狼の血』(18/白石和彌監督)、『長いお別れ』(19/中野量太監督)、『台風家族』(19/市井昌秀監督)、『屍人荘の殺人』(19/木村ひさし監督)など多数。公開待機作には、『影裏』(20年2月14日公開予定/大友啓史監督)、『騙し絵の牙』(20年6月19日公開予定/吉田大八監督)、『サイレント・トーキョー』(20年12月公開予定/波多野貴文監督)などがある。

映画『水曜日が消えた』

石橋菜津美Natsumi Ishibashi

一ノ瀬

“7人の僕”を全員知る元同級生。

Comment

脚本を読んだ時の感想

一度、読んだだけではどんな風に描かれるのか想像がつかない不思議な世界観の台本でした。
曜日で書かれた7人それぞれの個性が、読んでいくうちに広がっていく感じがして、読めば読むほど自由に想像が広がる作品だと思いました!
素直に中村さんの演じる個性的な曜日たちに会えるのが楽しみでした。

撮影を終えての感想

吉野監督の世界観や見えているものは本当に美しいと思っていて、撮影中は吉野監督の見せたいものを感じ取りきれるか、そしてそれに身を任せると言う事に集中して撮影に挑ませて頂きました。
撮影が進むうちに、自分がアニメーションや絵になった気分になる初めて感じる感覚の撮影でした。
どのシーンもどんな風に出来上がるのか撮影中も楽しみでした。
中村さんの演じる曜日たちは服装も言葉遣いも立ち振る舞いもみんな違って、それぞれに「はじめまして」と言いたくなるくらい個性があって、こんなに説得力のある曜日たちを演じる事ができるのは本当すごい事だと思いました。

Profile

1992年6月25日生まれ。2008年、ドラマ「わたしが死んでも世界は動く」で主演に抜擢されデビュー。Netflixにて配信中の話題作ドラマ「夫のちんぽが入らない」や「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(19/ NHK) では、主演を務める。TVドラマでは、「ボイス 110緊急指令室」(19/NTV)などに出演。主な映画出演作は、『少女』(16/三島有紀子監督)、『三つの光』(17/吉田光希監督)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17/瀬々敬久監督)など。公開待機作には、映画『架空OL日記』(20年2月28日公開予定/住田崇監督)などがある。

映画『水曜日が消えた』

深川麻衣Mai Fukagawa

瑞野

物語の鍵を握る図書館司書。

Comment

脚本を読んだ時の感想

初めて脚本をいただいたとき、これを映像でどうやって表現するんだろう??と、今まで触れたことのない新しい世界観にドキドキと想像を膨らましながら読んだのを覚えています。

撮影を終えての感想

人間ドラマであり、ファンタジーでもあり、ミステリーでもあり、SFのようでもあり。
吉野監督が生み出すあたたかい世界と映像美、そして圧倒される中村倫也さんの1人7役。
撮影期間はあっという間でしたが、この作品に瑞野として参加することができてとても嬉しかったです。
早く皆さまに届く日を楽しみにしています。

Profile

1991年3月29日生まれ。「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。2017年に舞台「スキップ」で初主演、2018年には主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(今泉力哉監督)で第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。TVドラマでは、連続テレビ小説「まんぷく」(18-19/NHK)への出演や、連続ドラマ初主演となったテレビ東京ドラマ25「日本ボロ宿紀行」(19/TX)、「まだ結婚できない男」(19/KTV・CX)などがある。その他、主な映画出演作は、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)、『空母いぶき』(19/若松節朗監督)など。

映画『水曜日が消えた』

中島 歩Ayumu Nakajima

新木

安藤の教え子で“7人の僕”を見守る新任医師。

Comment

脚本を読んだ時の感想

おもしろい映像になるだろうなと脚本を読んだ時点で想像できました。
それにこのSF的なアイデアに新鮮さを感じました。

撮影を終えての感想

台本を読んだ段階で、僕の役はどこか捉えどころのない印象でした。
そういう曖昧で釈然としない表現は演じるにあたって不安になりますが、 それを恐れずに演(や)れたかなと思います。

Profile

1988年10月7日生まれ。美輪明宏主演の舞台「黒蜥蜴」のオーディションで200名の中から選ばれ、2013年に同舞台で俳優デビュー。翌年、連続テレビ小説「花子とアン」(14/NHK)に出演し注目される。主な出演作に『グッド・ストライプス』(15/岨手由貴子監督)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18/冨永昌敬監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)などがある。公開待機作には、『転がるビー玉』(20年2月7日公開予定/宇賀那健一監督)、『サタデー・フィクション』(20年秋公開予定/ロウ・イエ監督)などがある。

映画『水曜日が消えた』

休日課長Kyujitsukacho

高橋

“月曜日”の友人。

Comment

脚本を読んだ時の感想

見た人の人生に響く作品である、というのが私の印象です。
飽くまで私個人の印象ですが、“生きる”、だったり“個人”という概念そのものについて、自然体で向き合えるお話です。
私が出演するシーンの中にはセンセーショナルなものもあり「よし、やろう。やるからには、私の全力でもって、思い切ってやりきろう。」と決意し出演致しました。

撮影を終えての感想

“日常で在りつつもどこかミステリアスな雰囲気”が撮影現場に漂っていました。
そんな中、中村倫也さん演じる火曜日と接する事で、特に意識する事なく、自然と妙な男“高橋”になれた感覚がなんとも言えぬ心地でした。
違う人生を味わえたような感覚で、貴重な経験をさせて頂きました。
誠に個人的なことで恐縮ですが、私休日課長としましては本作が映画初出演となります。
とにかく早く、映画館で見たいです。
本作に関わった全ての方、そして、これからご覧頂く皆様に感謝の念が尽きません。ありがとうございます。

Profile

1987年2月20日生まれ。ミュージシャン。
ゲスの極み乙女。、DADARAY、ichikoroと3つのバンドにてベースを担当。
「神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~」(19/ ABC・EX)で、ドラマ初出演を果たす。

映画『水曜日が消えた』

きたろうKitaro

安藤

少年時代から“7人の僕”を見守る医師。

Comment

脚本を読んだ時の感想

発想の面白さに脱帽しまた。型にはまらない一人の人間、多重人格にうらやましささえ感じました。

撮影を終えての感想

監督が現場で楽しそうだったので、気持ちよく演じることができました。
中村君との二人のシーンがほとんどでしたが、倫也君の微妙な間に、こいつはただ者じゃないと感心しました。
表現する事へのひたむきさ、これが役者です。僕もそうですけど。

Profile

1948年8月25日生まれ。79年コントグループ「シティボーイズ」を結成。近年では、『天地明察』(12/滝田洋二郎監督)、『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17/河合勇人監督)、『忍びの国』(17/中村義洋監督)、『モリのいる場所』(18/沖田修一監督)、『ロマンスドール』(20/タナダユキ監督)など数多くの映画に出演。存在感のあるバイプレイヤーとして様々な役をこなす。

Staff

映画『水曜日が消えた』

監督・脚本・VFX吉野耕平

Comment

企画の発想について

もしも自分の中に複数の人格があって…その中でも、つまらない“脇役”だったとしたら世界はどう見えるだろうか。ふと考えたそんな小さな空想からこの物語は始まりました。
曜日ごとに入れ替わる7つの人格。そのうちの一人の目を通して世界を見たとき、何が見えるだろうか。
何に出会うだろうか。
そんな自分だけの小さな空想を楽しんでいるうちに、現実の世界でいくつかの出会いと出来事があり、幸運にもその小さな空想が映画として形になる機会を頂く事になりました。
一人だけの自由でフワフワした空想が現実の世界で作品として形になる過程はスリリングで、その中で選んだもの、選ばなかったもの、色々なものがありました。
でも、振り返れば大事なものだけはギュッと絞られ、きちんと全部残せたように思います。
今はそれをきちんと磨いて届けるまでの残りの日々を、大切に楽しみたいと思っています。

撮影を終えて観客へのメッセージ

目が覚めたらいつも火曜日の男。
彼の目を通して世界を見たとき、見慣れたはずの日常が違って見えてくるかもしれません。
そして、そこに隠れていた大事なものに気づくかもしれません。
架空の物語が、時々現実の見方を変えてくれる、そんな瞬間が好きです。
多くの方々の才能と力、そしていくつかの縁と偶然で生まれたこの作品が、誰かにとってそんな一本になってくれれば…と、強く願っています。

Profile

1979年生まれ。00年『夜の話』でPFF審査員特別賞。 11年『日曜大工のすすめ』が,第16回釜山国際映画祭・ショートフィルムスペシャルメンション受賞。『エンドローラーズ』(15)、長編オムニバス映画『スクラップスクラッパー』(16)内の『ファミリー』など、短編作品を精力的に撮り続ける一方で、伊藤忠都市開発「クレヴィア(CM)」、ポンタカード「ダンスポンタ篇(CM)」、関ジャニ∞「涙の答え」、moumoon「エメラルドの丘」、大橋トリオ「大橋トリオを探せ(CM)」などのCMやPVも手がけている。さらに、映画『君の名は。』(16/新海誠監督)ではCGクリエイターとして参加。次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選出されるなど、今注目の映像作家。

音楽林 祐介

Profile

1977年生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。『あなたへ』(12/降旗康男監督)で第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。『散歩する侵略者』(17/黒沢清監督)で第72回毎日映画コンクール音楽賞ノミネート。そのほか『ドッペルゲンガー』(03/黒沢清監督)、『うた魂♪』(08/田中誠監督)、『カラスの親指』(12/伊藤匡史監督)、『太陽』(16/入江悠監督)、『ReLIFE リライフ』(17/古澤健監督)、『走れ!T校バスケット部』(18/古澤健監督)、『旅のおわり世界のはじまり』(19/黒沢清監督)などがある。

撮影沖村志宏

Profile

1969年生まれ。大阪芸術大学卒業後、日活撮影所に入社。伊丹十三監督作品の『大病人』(93)で初めて撮影助手として参加。07年、森田芳光監督『サウスバウンド』で本格的にデビュー。09年には映画・テレビの分野で優れた若手キャメラマンに贈られる「柴田賞」を受賞。主な作品に『武士の家計簿』(10/森田芳光監督)、『武士の献立』(13/朝原雄三監督)、『の・ようなもの のようなもの』(16/杉山泰一監督)、『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』(16/中村義洋監督)、『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)などがある。

照明岡田佳樹

Profile

1979年生まれ。広島県出身。日本映画学校卒業後、フリーの照明助手を経て、映画『体脂肪計タニタの社員食堂』(13/李闘士男監督)で照明技師デビュー。『麦子さんと』(13/𠮷田恵輔監督)、『エンドローラーズ』(15/吉野耕平監督)の照明を担当。近作に『の・ようなもの のようなもの』(16/杉山泰一監督)、『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)、『アウト&アウト』(18/きうちかずひろ監督)などがある。

美術丸尾知行

Profile

1953年生まれ。主な作品に、『100回泣くこと』(13/廣木隆一監督)、『ルパン三世』(14/北村龍平監督)、『娚の一生』(15/廣木隆一監督)、『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』(16/中村義洋監督)、『オオカミ少女と黒王子』(16/廣木隆一監督)、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17/廣木隆一監督)、『愛しのアイリーン』(18/𠮷田恵輔監督)、『ここは退屈迎えに来て』(18/廣木隆一監督)などがある。

録音山田幸治

Profile

1967年生まれ。主な作品に『べルナのしっぽ』(06/山口晃二監督)、『遠くの空に消えた』(07/行定勲監督)、『鈍獣』(09/細野ひで晃監督)、『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(15/チアン・ショウチョン監督)、『脳漿炸裂ガール』(15/アベユーイチ監督)、『チェリーボーイズ』(18/西海謙一郎監督)、『ラーメン食いてぇ!』(18/熊谷祐紀監督)、『ANIMAを撃て!』(18/堀江貴大監督)、『ニート・ニート・ニート』(18/宮野ケイジ監督)などがある。

編集佐藤 崇

Profile

1976年生まれ。千葉県出身。主な参加作品に、『婚前特急』(11/前田弘二監督)、『苦役列車』(12/山下敦弘監督)、沖田修一監督作品『横道世之介』(13)、『モリのいる場所』(18)、塩田明彦監督作品『抱きしめたい -真実の物語-』(14)『風に濡れた女』(16)、『さよならくちびる』(19)、『紙の月』(14/吉田大八監督)、『聖の青春』(16/森義隆監督)、『ビジランテ』(17/入江悠監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)、『風の電話』(20/諏訪敦彦監督) など。

音響効果柴崎憲治

Profile

1955年生まれ。主な作品に『ALWAYS 三丁目の夕日』(05/山崎貴監督)、『沈まぬ太陽』(09/若松節朗監督)、『十三人の刺客』(10/三池崇史監督)、『日本で一番悪い奴ら』(16/白石和彌監督)、『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『孤狼の血』(18/白石和彌監督)、『未来のミライ』(18/細田守監督)、『検察側の罪人』(18/原田眞人監督)、『旅のおわり世界のはじまり』(19/黒沢清監督)、『蜜蜂と遠雷』(19/石川慶監督)、『ひとよ』(19/白石和彌監督)などがある。

Ticket

前売券情報

ムビチケ【劇場販売・メイジャー通販版】

ムビチケカード 一般¥1,500(税込)

お買い求めの方に
“7人の僕”キャラ解説付きポストカード(7枚セット)
をプレゼント

映画『水曜日が消えた』

映画『水曜日が消えた』

購入はこちらから

ムビチケ【公式ホームページ版】

Coming soon...